サロンへ行け!マジで。

こちらは遊んだゲームや読んだ本・漫画などの感想や妄想を書き散らす、趣味のブログです。今の主なジャンルはドラクエです。

カテゴリーの説明

この記事はサイドバーにあるカテゴリーの説明のためのものです。
必要に応じて適宜更新していきます。


ドラクエ(感想)
ドラゴンクエストシリーズに関する感想など。

DQライバルズ(感想)

ドラゴンクエストライバルズについての感想やプレイ日記的なもの。

ドラクエ(小ネタ)

すべての小ネタ(妄想の産物です。シナリオ・台本形式)がこのカテゴリーの中に入っています。作品別にはなっておりませんので、キャラ別に探したい場合は、「カテゴリー」の下にある「検索」をご使用ください。(ナンバリング作品は全角で数字を、主人公は1主・11主などと入れていただくとヒットしやすいと思います)

その昔、諸事情から某掲示板に投稿し損なった遺物たちです。いわゆる、クロスオーバーもの。基本的にはスプラスティック・コメディ(ギャグ)です。
雑談・主人公・男賢者・女賢者にピンときた方はご閲覧ください。
随分昔に書いたものなので8の登場人物までしか出てこない作品もあります。たまには新作や手直ししたものも。
登場キャラの性格や設定は某掲示板のスレに概ね準拠しておりますが、違う点も多々ございます。
 
このブログで採用させてもらっている主な設定(赤字部分は某掲示板独自の設定)
1 王女の愛ことローラフォンに悩まされている。でも基本的にはラブラブ。
2 精神的に幼いがピュアなハートの持ち主。自分の中では2の三人はFC版の姿をしています。名前は「もょもと」。
3 後の消息や功績が不明なので永遠の16歳。彼女いない歴歳の数。性格は定番のむっつりスケベ。
4 真面目。2主に勉強を教えている。他の人には見えないシンシアと会話をする。竜が嫌い。マスタードラゴンにさえ触れなければ常識人。
5 重婚設定採用です。エロ話に花を咲かせることもありますが精神的に一番大人。
6 明るく元気なお兄ちゃん。妹大好き。ターニアに会いに行くためよく寝ている。
7 とりあえず最強。なのにFC版の4主を怖がっている。キーファとの別れはトラウマに。よく泣くが立ち直りは早い。いろいろな職業を極めているため様々な特技(一面)を持っている。
8 半竜なので、同じハーフで竜が嫌いな4主に対して思うところはいろいろあるらしい。突っ込み・進行役としていろんなネタに顔を出すこと多し。仲間の前では割とまともなリーダー。主人公たちの中に入るとはっちゃけ気味。
9 元天使は天使じゃなくなっても基本的に親切。人の心の機微についてはまだよくわからないところも。旅芸人を極めていて女装が得意。
10 彼については未プレイ(正確には、エテーネ編を経て異種族に転生するところまでは体験版をプレイ)でよく知らないので、知ってる設定の範囲内で。取りあえず後輩の11を気にかけているかも。
11 当然のように恥ずかしい呪いにかかっています。カミュや仲間達と一緒の時は割と普通にしゃべります。仲間達にはとても大事にされている。ぱふぱふ大好き。 

男賢者と女賢者に関してはこちら(http://littlejyodo.starfree.jp/ss/kenjya/sty_so.htm)をご覧ください。追加設定としては、二人は3主の子孫達をとても可愛がっています。

  

賢者ネタ

3の男賢者と女賢者が出てくる小ネタです。大雑把に言って、二人だけの場合は雑談風、他のキャラと出てくる場合はコント風です。

 

歴代主人公ネタ

歴代主人公がまとまって出てくる小ネタです。書いた時期によって8までの主人公の作品と、それ以降の主人公も出てくる作品とがあります。8までの場合は、記事の先頭にコメントがあります。

 

◆DQ5ネタ

5の主人公とその周辺の人々が出てくる小ネタです。当ブログではピピンをひいきにしております。

 

ザラキネタ

読んで字のごとくザラキをネタにした小ネタです。4僧と、大抵は8僧も付いてきます。クリフトとククールの名前表記については、ザラキネタの時は僧侶の面を強調して4僧・8僧。その他のネタの時は普通の名前、と大体使い分けています。

 

◆その他のDQネタ

他のカテゴリーに分類されない雑多な小ネタです。主人公が出ていても顔ぶれが限定されている場合や、マイナーキャラやモンスターが中心のものなど、何でもあり。

 

◆読書に関すること(感想など)

読んだ本や漫画について。感想や感慨、心の叫び?など。

 

◆その他のゲーム(感想)

ドラクエ以外のゲームについて。

 

 

 

 

盗賊集合! または、天下の大泥棒

フーラル「お、珍しい面子だな」
カミュ「盗賊繋がり…なのか?」
ヤンガス「アッシはどっちかってえと山賊でげすね」
カミュ「俺だって元・盗賊だぞ。11主の相棒を名乗ってからは盗賊家業はやってねえからな」
ヤンガス「それはアッシだって同じでげすよ。兄貴の舎弟になってからは兄貴一筋でげす!」
フーラル「何だ。現役は俺ぐらいか?なんたって俺はフォズ大神官の親衛隊の話を蹴って盗賊にとどまった男だからな!」
山賊カシラ「おっと、俺もいるぜ」
エテポンゲ「ウチもいてますのんね」
カミュ「うーん。かぐわしい香り…って、腐ってんじゃねえか!」
フーラル「他に現役はいねえのか?」
3・9女盗「はーい。あたしもあたしも!」
3・9盗「一応オレらも。キャラ薄くてもルイーダの酒場から一歩も出なくても一応現役」
カミュ「自虐的だなあ、おい」
ヤンガス「あと、最近は10主のところに美少女ナントカっていう…」
???「美少女怪盗ポイックリン!チリも残さずキレイに退散ですわっ!」
カミュ「おいおい。登場もしないうちに退散しちまったぜ。せわしないヤツだな」
フーラル「怪盗のサガってヤツかもな。で、他は?」
ヤンガス「あとはゲルダカンダタぐらいでがしょう。バリバリなのは。カンダタドラクエ世界を股にかける大盗賊。ゲルダは大盗賊にして雑誌で特集されるセレブでげすからね」
フーラル「そのゲルダといい仲だって聞いたぜ、あんた(ニヤニヤ)」
ヤンガス「バカ言っちゃいけねえ。アッシは一生兄貴の舎弟でがす!」
カミュ「なんか、あんた見てるとデクを思い出すな。そんな強面じゃねえけど」
デク「カミュのアニキー!」
カミュ「ん?何だ、デク。お前も来たのか。今はカタギだろ?」
デク「え、舎弟の会合じゃないのー?ワタシ間違えた?」
11海賊「舎弟の会合と聞いて来たぜ」
カミュ「あ、ジャンボウニの」
7主「あれ?僕なんでここに?」
マリベル「あんたはあたしの子分。で、バカ王子の弟分だったでしょ」
7主「うわーん!キーファのばかあああっ!たねドロボーおおぉぉっ!!」
カミュ「うおっ、あぶねえ。なんだ?なんで急に暴れ出すんだ?」
ヤンガス「大物を忘れていたでげす」
山賊カシラ「寝た子を起こしちまったなあ。ケガしねえうちに退散するか」

 

気分転換に

ドラクエ三昧な日々の気分転換に、サンソフトの「Refresh上海」(任天堂スイッチ版)をやっています。
積み重なった麻雀牌を二つ一組で取り除いていく定番ゲームですね。

f:id:uguihate:20200527164054j:plain

拡大画像

面クリアするごとに六角形のパネルが消えて背景が見えてくるようになっています。
背景が少しゆがんで見えるのは、揺らぎの効果がかかっているからです。
ゆったり、ゆらゆら。
この画面が表示されている時はBGMも相まってリラックスできます。

f:id:uguihate:20200527164212j:plain

全体

ごらんのように、かなりパネルが減ってきました。
現在はこの状態から更に進んで、4段階の難易度のうち、既に3段階まではクリアして、最高難易度のものだけが残っています。
一度クリアした面は牌の配列が変わる(実はクリアしていなくても牌を配り直すことができる)ので、無限に楽しめます。
緑色の部分は時間制限のある面(しかも、3面連続!)で、これは自分にはちょっと荷が重いので放置してあります。

気分転換のつもりが、やっているうちに必至になってしまう自分がいる。
クリアできないと、夢の中にも出てきたりして。

 

【ドラクエ11S】町の人がウソをつきまくる!【呪い付き・2周目】

今回、ちょっとネタバレあります。(嘘の内容について)

以前にもチラッと触れましたが、町の人のウソ、結構頻繁に起こります。
みんな「はっ!クチが勝手に…」と言ってますから、案外これも何かの呪いなのかも。

内容は、「あなたの後ろに幽霊が」的ないたずらっぽいものや、でたらめな豆知識的なもの。誰かに憑依されてるんじゃないのと思わせるものや、その中でも過去作の特定の誰かを彷彿とさせるものもたまにあったりします。
でたらめな豆知識はモンスターに関してだったり、その土地の風習に関してだったり。特に風習に関しては、ドラクエ世界ならそんなこともあり得るかな、という微妙な線のことも多いので、ついだまされそうになったことも一度や二度じゃありません。
しかもこれ、緊迫したイベントの最中でも、名あり名無しにかかわらず果敢にかましてくる。

「泥棒が入ってきた!」とぶるぶる震えながら、しょーもないこと言ってきたハンフリーさんとこの男の子。突然キナイって誰とか言い出すロミア。一番シリアスな場面でほらを吹くキナイなどなど。遡れば、イシの村を出立する前夜、お母さんもかましてきたっけ。
ヨッチ族のオジッチや、アリスちゃんでさえ嘘をつく!

実は各地のサブキャラには専用の台詞(だと思います。多分)があって、驚いたり、困惑させられたり。
ラムダの長老の、危機が迫ると賢者の像が動き出して云々というのには笑ってしまいました。巨大ロボですか。
ハンフリーは、マルティナと一緒になるみたいなことを口走って、謝ってましたっけ。あれにはちょっとびっくりした。
あと、面白かったのはサイデリアで、
ぱふぱふ選手権って何ですか?!
一瞬本気にしてしまいましたよ。

まあ、そんなこんなで面白いんですけど、シリアス場面にやられると雰囲気ぶち壊しは必至なので、試すならあくまでも二週目以降をお勧めします。

 

ホイミスライム作ってみた

f:id:uguihate:20200524215709j:plain

ぼく、ホイミンじゃないよ

何故か突然思い立って作ってみました。
うーん。なんだか不細工になってしまった。
3Dは初めてだし、自己流なので、まあ、仕方ないか。

まだ途中なので、下からはお見せできません。見たらきっと「きゃー。エッチ!」という悲鳴とともに呪われることになるでしょう。

 

使用したソフトはメタセコイア(無料版)。
ネット上の入門動画やら説明ブログやらを参考にしながら、約二日間、失敗を繰り返しながらなんとかここまでこぎ着けました。
は~。疲れた。
材質の割り振りやら、面張りやら、やりたいことははっきりしているのに、どこにどんなコマンドが隠されているのかわからないので、結構ストレス溜まりました。
でも最初の最初なんて、こんなもの。
11Sやって解消しよう。そうしよう。

 

【ドラクエ11S】はぐれメタルと遭遇【呪い付き・2周目】

今作に限りませんが、メタルが現れた時の仲間の反応に、いつもちょっと呆れてしまう自分です。
君たち、そんなにメタルが好きか?!
キャラに関係なく、とにかくメタルに襲いかかる君たち。命に関わるようなやっかいな敵が他にいるにもかかわらず、ひたすらメタルにだけ殴りかかる君たち。もっと有効な技があるだろうにそれでもひたすら原始的に殴りかかる、ボス戦でザラキを連発するクリフトにも似たそんな姿を見ていると、なんかの呪いなのかと心配になります。
今作、カミュには「おっ!メタル。逃がさねえぜ」という専用の吹き出し台詞まで。

ちょっと話が逸れますが、この白い吹き出し台詞は、仲間ごとに反応するモンスターが違っていて面白いです。シルビアはダンス系、グレイグとマルティナは虫系というように。虫を怖がる将軍グレイグに対し、虫退治は得意だと言う王女マルティナ。デルカダールは安泰ですね。
それにしても。虫、猫、寒さ。盾おじさまは苦手なもの多すぎ!
ついでに。
今、この記事を書いていて気がついたのですが、この白の吹き出し、2周目ではまだ見ていません。これは多分、超恥ずかしい呪いに取って代わられているのだと思います。出現頻度は大体同じぐらいだと思われますから、呪い(縛り)の方が優先するのでしょう。


やっとのことで閑話休題
只今、古代図書館を攻略し終えて氷の魔女との対決を控えているところです。
この古代図書館で今回初めて、はぐれメタルと遭遇しました。

f:id:uguihate:20200521191551j:plain

はぐれメタル

既にお察しのこととは思いますが、私はメタル狩りにあまり興味がありません。
どうせすぐ逃げてしまうので、他の敵を先に片付けて、それでも残っていたら攻撃するぐらいの優先度。たとえ、メタルに有効な技を覚えていても基本方針に変わりはありません。そのスキルも、メタル用のものは覚えずに、他の技を優先することさえあります。
そんな自分ではありますが、今回は2周目(PS4版から数えたらなんと5周目!)ということもあり、普段やらないこともやってみようということでメタルウィングをとりあえず使ってみることに。
あまり使ったことがないので、どのくらいのダメージが出るのか(メタルと他の敵でダメージの差があるのかないのか)も不明のまま、とりあえず投げてみた。
そしたら、出ましたよ。
かいしんのメタルウィング!
隣の悪魔神官も巻き添えにして一瞬で終わってしまった。
ビギニングラックってやつでしょうか。
あまりにも一瞬で終わってしまったので、通常ダメージがどんなものなのかもわからないまま。
うーん。次にメタルウィングを使えるのはいつの日か。遭遇率が低いのはもちろんのこと、今回は超恥ずかしい呪いも付いてるから……。
このところ、呪いは落ち着いていますが、忘れていると不意打ちされるので油断は禁物。次の氷の魔女戦であまり出ないことを祈ります!


天空のぱふぱふ続報。
グレイグとホメロス、そして、ニマ大師を引き当てました。
将軍二人はノリノリで、ニマ大師は最後に「まったくしょうがないねえ」とのたまっておられました。大師さま、ごめんなさい。お尻たたき棒は勘弁してください。


おまけ画像です。

f:id:uguihate:20200521191840j:plain

噂の”行列のできる癒し手”

勇者よ、横入りはいけないぜ。

 

 

非常警戒FF12号

※これも相当古いネタ群です。
タイトルにもあるようにFF12発売当時、某掲示板では書き込みの少ないスレッドが、膨大な数のFF12関連のスレに押し流されて次々に落ちていくという現象が観察されたものでした。
これはその時に、スレッドの維持のためアップしようと作ったものの、タイミングを逃したものたち。
今回こちらにアップするにあたって、ネタによっては加筆修正しています。

 

 

マリベル「age!」
ガボマリベル、ageってなんだ?」
マリベル「上昇の呪文よ」
ガボ「オイラにも使えるのか?」
マリベル「誰にでも使えるわよ。普段は無闇に使うと叩かれるけどね。
今は特別なのよ。タイミングさえ間違わなきゃ大丈夫。今度やってみれば?」
ガボ「よ~し。ageだな。オイラ頑張るぞ」

 

 

ククールマーニャ、カードやらないか?」
マーニャ「望むところよ!……と言いたいところだけど今お金ないのよね」
ククール「今回賭けるのは無しで行こうぜ。その代わり、ゲームは夜が明けるまでだ。こう連日警戒が続くとさすがにグランバニアの連中も疲れてるみたいだしな」
マーニャ「なるほど。代わりの寝ずの番ってわけね。いいとこあるじゃん」
ククール「どうせだ。通りかかったやつらも巻き込もうぜ」
マーニャ「夜中にフラフラしてるのなんて飲んだくればっかりなんじゃない?」
ククール「かまうもんか。ついでに酒でも持ってりゃもっと都合がいいんだが」
マーニャ「あ。あれがいいんじゃない?ちょっと!そこの青い兄さん!」
テリー「……」
マーニャ「ちょっと!人が呼んでんのに。返事ぐらいしなさいよ!」
テリー「ああ、悪い。気づかなかった。何か用か」
ククール「おいおい。青い閃光さんよ。こんなセクシーな美女を捕まえて気づかなかったはないだろ」
テリー「美女?…フッ」
マーニャ「イラッ」
ククール「ちょ、ま…」
マーニャ「ドラゴラム!」

ミレーユ「あら、テリー。どうしたの?そんなにボロボロになって…」
テリー「(凶暴なやつだ…。ドランゴはもっとしとやかだったぞ)」

 

 

パパス「息子達があちらの保守で手いっぱいとなれば、こちらは我々が一肌脱がぬ訳にもいきますまい」
オルテガ「祭りの勢いは今しばらく続きそうですからな」
シャークアイ「スレの乱高下の様子はまるで時化の海のようだ」
ボルカノ「あれではとても漁には出られん。大人しく静まるのを待つしかないな」
シャークアイ「我々に出来るのはスレを見守ることだけだな。まあ、待つのには慣れている。しばらくは錨をおろして様子を見るとしよう」
パパス「お付き合いしますぞ」
ボルカノ「あとでマーレに夜食でも作らせましょう」
オルテガ「申し訳ないな。気を使わせて」
ボルカノ「なに、スレのためだ。マーレのやつもよろこんで腕を振るいますよ。
それにしてもホンダラはどこへ行ったんだ?」
オルテガ「先ほど酒場でお見かけしましたが」
ボルカノ「相変わらず肝心な時にいない。困ったやつだ」

マーレ「お父さん、今ホンダラさんがお腹を壊して教会に担ぎ込まれたって」
ボルカノ「ホンダラが腹を?珍しい事もあるもんだな。一体何を食ったんだ」

ホンダラ「…ううっ。ちくしょう、拾い飲みなんかするんじゃなかった…。
壮絶な味だったぜ……。つ【ポーション】」

 

 

ブライ「我々は腰を落ち着けて、ひとつ夜っぴて碁でも打ちますかな」
メルビン「そうでござるな。ひとつお手柔らかに」
3祖父「わしも仲間に入れては下さらんかな?」
ブライ「これはこれは、祖父殿。お珍しい」
3祖父「祭りと聞きいて出て参りましたがな、どうやら一段落した後のようで。
やれやれ、わしも年老いましたわい」
3母「さあ、みなさん。甘いものでもどうぞ」
メルビン「これは御母堂、かたじけない。どれ、ひとつ頂きますかな」
ブライ「これは桜餅ですな。ふむ。結構、結構。風流ですなあ」

 

※「ポーション」は、FFとのコラボで発売された飲み物。何やら独特の味だったようで、当時話題になりました。懐かし~。

 

竜商人でんすけ参上

 

※PS2版ベース。これもかなり昔のネタです。


ククール「ああ、暑い。この季節この格好はこたえるぜ……。ゼシカはいいよな。
踊り子の服とか水着とか夏向きの防具があって」
ゼシカ「脱げばいいじゃない」
ククール「フッ。わかってないな。騎士団の制服は、女のハートを掴むのには欠かせない重要アイテムなんだぜ」
ゼシカ「なにそれ。暑苦しいだけじゃない」
ククール「どんなに暑くても詰め襟にマント。ストイックな美学が女心を刺激するのさ。いくら暑いからってオレみたいな美形がパンツ一枚でいたら興ざめだろう?」
ゼシカ「はいはい。それなら愚痴なんて吐かずにその哲学だか美学だかを貫けば?」
ククール「もちろんそのつもりさ。とは言っても、暑いものは暑い!たまらねえぜ……」
でんすけ「お困りですか~?そうですか~?」
ククール「うお?!デンデン竜?!」
でんすけ「こんな時こそこのでんすけ、皆様に真心と満足を提供いたします」
ククール「突然何かと思えばチームモンスターじゃねえか。ここらはおまえの縄張りか?」
でんすけ「そのとおり。いろいろお役に立ちますよ~」

 デンデン竜は仲間を呼んだ!
 ブリザードが現れた!

でんすけ「まっつん、こおりつく息!」
まっつん「(コォォォーーーーッ)」
ククール「うお~。こりゃ涼しい!どんどんやってくれ」
でんすけ「毎度ありがとうございます。こおりつく息1回で800G頂戴いたします」
ククール「金を取るのかよ!」
でんすけ「世の中すべて相身互い、ギブアンドテイクでございます。竜商人でんすけをこれからもどうぞご贔屓に~」